Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
栄光アカデミー学習塾塾長の遠藤です
当地で勉強を教え始めてかれこれ25年以上になります
ご意見など、コメントいただければ幸いです
<< シルバー・ウィーク | main | 医学部の学生がよくうける質問 >>
積み重ね

実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな・・・



爽やかな秋晴れの日曜日
かなたから大砲を発砲する音が響いてきます
城山公園で市民祭が行われているようです
たくさんの人たちでにぎわっていることでしょうね

塾は
テスト前の生徒たちで埋まってますが・・・

ところで、テストの度に生徒たちの口から出る言葉に

「テストがなければいいのに・・・」

があります。思いは人それぞれでしょう。

ただ、そう思う人は、テストをする目的を考えて見てください。
入試などと違って、学校でのテストは評価を下すことだけが
テストの目的だとは思いません。
各人の学習に対する理解度を量るための手段が第一の目的だと思います。
節目節目で、学習の不完全な箇所を確認して復習し
本番である入試に備える手段だと思います。
ですから、テストの後こそ大切なのです。
そう、できなかった箇所の復習をしっかりやるところまでが
テストだといえます。
返された答案を見直し、もう一度問題を解いてみるくらいのことは
やってみる価値があります。
そういった日々の積み重ねが、最終的に立派な実を実らせるのです。




写真は、近くの田んぼにたわわに実った稲穂です
農家の方のたくさんの世話を受けて、見事な籾をつけています
私は、一面に広がる黄金色を見、
重そうに穂を垂れる稲を見るたび思い出す俳句があります


実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな


立派になっても決して自慢することなく、謙虚な態度でいる・・・

そんな思いになります。
そして、そうなるには、常に自分の行動を振り返りつつ
欠点を直していく心がけを忘れないようにしようと思うのです。
テストの後の心がけと同じですね・・・
| - | 12:59 | comments(0) | - |