Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
栄光アカデミー学習塾塾長の遠藤です
当地で勉強を教え始めてかれこれ25年以上になります
ご意見など、コメントいただければ幸いです
<< 基本的な考え方 | main | 準備学習のすすめ >>
小学生には・・・
小学生には、まず勉強に対する姿勢を身につけるよう育てます。
そのためには、丁寧な字を書くこと。お習字ではありませんから決して上手な字は求めません。しかし、読めない字ではしかたありません。

「文字は自分の気持ち、考えを相手に伝える道具」
ということを理解させ、自分の意思を正しく相手に伝えることの重要性を認識させます。
気持ちのよい文字が書けるようになると、勉強に対する意識も変わってきます。ですから丁寧な文字を書くことが常に求められるのです。

学習は、算数・国語を中心に、理科・社会を。
特に「算数」が重要だと考えます。もちろん計算が速くできることも大切ですが、それができたところで実はたいした役には立ちません。
それでも「算数」が重要だといえるのは、「算数」にはあらゆる勉強の要素が含まれているからなのです。
計算の反復練習だけでなく、しっかり学習すれば国語を勉強する以上に文章を読む力が養われるのです。

わたしの持論は、「算数のできる子は、勉強が伸びる」です。
これまで多くの子どもたちをみてきましたが、成績の伸びは必ず「算数」からでした。
中1でオール3だった生徒が、旭丘高校に合格するまでに成長した第一歩は、中2の1学期中間テストで100点を採ったことでした。
| 指導方針 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://terakoyablog.eiko-academy.net/trackback/374999